FPライフレックス-生命保険見直し、住宅購入・住宅ローンのファイナンシャルプランナーによるご相談 千葉県・東京水道橋

住宅購入あんしん診断サービス

マイホームの購入は、夢や期待が大きく膨らむ人生の一大イベントであると同時に人生で最も高額な買い物です。住宅を購入する機会は人生で何回も訪れるものではありませんから、悔いのない納得した住宅購入を実現したいですね。
ところで、住宅を購入するにあたってこんな不安や悩みはありませんか?

 

自分の家計ではいくらの住宅価格が適正額なのか
家を買った後、子どもの教育費や老後の生活費を貯めることができるのか
そもそも家を買っても住宅ローンは最後まで返済できるのか

 

もしも、このような不安や悩みがあるのなら、これからお伝えすることは、きっとあなたのお役に立つことでしょう。
なぜなら、ここでお伝えする内容は「購入しても大丈夫なマイホームの予算」が明確になる方法だからです。
この方法を知ることで、住宅を購入後も住宅ローンの返済不安や家計で苦労することなく、あなたが希望する人生を過ごすことができます。

住宅購入にまつわるお金を知らずに買ってしまうと・・・

住宅の資金計画を立てようと思った時、あなたならはどのよう方法で計画を立てますか? ほとんどの人は見当がつかないと思います。しかし、住宅購入を経験していない人ならそれは当然のことなのです。

 

買っても安心な身の丈に合った予算はいくらなのか
頭金はどれくらい用意したらいいのか
住宅ローンはどのように選べばいいのか
住宅ローンはいくらまでなら無理なく返済できるのか
物件価格以外にどのような費用がかかるのか

 

残念なことに、このようなことを理解しないうちに、不動産会社や住宅メーカーが出した見積もりや返済計画を見て、購入を決めてしまう人がほとんどです。

 

家賃より少し増えたくらいの返済額だから大丈夫

生涯に一度の買い物だから少しの予算オーバーは目をつぶる

住宅メーカーのすすめるままにオプションを付ける

 

しかし、このような購入の仕方は、その後の生活を考えると大変危険な買い方だと言わざるを得ません。あらかじめ自分の家計に合った予算を知らずに住宅を購入してしまうと、次のような事態に陥る可能性大です。

 

1.住宅ローンの返済負担が上がり家計が苦しくなる・・・

 

住宅ローンにはいくつかの種類がありますが、中でも「変動金利」は低い金利で借りられることが多くなっています。そして、不動産会社や住宅メーカーが提示する返済プランは、この変動金利で試算されていることがほとんどです。

 

変動金利は、文字通り金利が変動する(上がったり下がったりする)金利タイプです。もしも、金利が上がれば、将来の返済額も上がる可能性があります。

 

また、マイホームは賃貸の頃には無かったコストが発生します。固定資産税、戸建の場合の修繕費、マンションの管理費・修繕積立金などです。
また、子どもがいれば成長とともに教育費は増えていきますし、車の必要な地域であれば、車の維持費や買い替え費用なども考える必要があります。

 

このように、返済額が上がって、家計の支出が増えた場合でも住宅ローンの返済は続きます。返済不能になれば、せっかく手に入れたマイホームを手放すことになりかねません。

 

2.子どもの教育費が足りなくなりそう・・・

 

住宅購入にお金をかけ過ぎて、子どもの教育費が足りなくなるということを想像したことはありますか?

 

家も大事ですが、それ以上に子どもに十分な教育を受けさせ、社会人として独立させることはどの家庭でも優先度の高い人生のプランではないでしょうか。

 

習い事や進学塾、あるいは子どもが希望する私立高校へ通うための費用もしっかりと残せるような住宅の資金計画が必要ですね。そのためにも、教育費がピークになった時の家計を考えて、借入額や返済プランを決める必要があります。

 

3.趣味やレジャーにお金を使う余裕がなくなり節約ばかりの生活に・・・

 

あなたの人生の目的は、住宅を買うことでしょうか? 住宅のためなら、自分の趣味や家族と楽しむレジャー費用は我慢しますか?

 

住宅は人生を楽しむための家族のベース基地となることが本来の目的です。無理な購入額で多額の住宅ローンを組み、ローン返済だけで家計は精一杯で、楽しみにしているレジャーや外食の回数を減らすようなことは避けたいですね。

身の丈に合った適正な住宅購入価格を知る方法は?

ここまでお伝えしたように、住宅購入後も住宅ローン返済がきつくて、子どもに十分な教育を受けさせることができなかったり、趣味やレジャーを我慢するような生活を避けるにはどうすればよいのでしょうか?

 

それは、「住宅を販売する側」ではなく、中立的な立場の第三者に相談することです。

 

不動産会社や住宅メーカーは、あなたの将来の家計プランまで考慮した「適正な購入価格」は教えてくれません。あくまでも「家を売ること」のプロですから、購入後の子どもの教育費や老後の家計プランのアドバイスまではしてくれません。

 

また、住宅ローンを取り扱う銀行も同様です。銀行は、あなたの年収や職業などをもとに審査をして、借りることのできる金額を提示してくれますが、その金額は最後まで返済できる金額とは限りません。つまり、住宅ローンは「借りられる金額」よりも「最後まで返済できる金額」を優先して考えるべきです。

 

借りた当初は夫婦共働きで「この返済額なら余裕」と思っていたのが、子どもが生まれて配偶者がフルタイム勤務できなくなったり、職場復帰が予定より遅れて家計の収入が減ると、当初は余裕だった返済額が大きな負担になってしまう事例はたくさんあります。

私は中立的な立場のファイナンシャル・プランナーです

私は、住宅を販売する側ではなく、第三者の立場の専門家としてアドバイスすることができます。

 

その理由は、住宅を売ることが目的ではなく、住宅を購入する人たちが、購入後も豊かで希望のある生活ができる資金計画をアドバイスすることが目的だからです。

 

第三者の立場あれば、本当に「買っても大丈夫なマイホームの購入予算」をアドバイスすることができます。ところが、周囲を見渡してみると適正な購入予算をアドバイスするサービスはとても少ないのが現状です。

 

そこで、弊事務所では、身の丈に合った住宅予算で購入したいという人たちのために、第三者の立場から購入してもあんしんな住宅予算を診断する、

 

【住宅購入あんしん診断サービス】

 

を提供しています。

 

2011年に事務所開設以来、100組以上のお客様の住宅購入相談の経験と知識を生かし、第三者の立場から「買っても大丈夫なマイホームの購入予算」を皆様にお伝えします。

「住宅購入あんしん診断サービス」の進め方は

ステップ1 お問合わせ・お申込み

 

まずは、お電話やメールフォームからご相談内容やご希望の相談日時をご連絡ください。折り返し確認のご連絡とともに、ご相談の日程を決めさせていただきます。

 

ステップ2 初回相談の実施(約60分)

 

皆様の家計状況や将来の生活プランについて、丁寧にヒアリングさせて頂きます。具体的には、次のような内容をお聞きします。

 

現在の家族構成と今後予定する子どもの人数
職業や勤続年数、世帯全員の収入
現在の家計支出(家賃・生活費・教育費・保険料など)
子供がいる場合、希望の進学プラン
今後予定する生活プラン(車の購入や旅行など)

 

この初回相談で、代表・高橋の人柄や相性に疑問を感じた場合は、この段階で相談を終了して頂いて結構です。その場合の相談料金は頂きません。

 

ステップ3 買っても大丈夫な住宅予算の算出とご説明(約60分)

 

ステップ2でヒアリングした内容を元にして、今後数十年間の家計収支を分析・シミュレーションし、後日、皆様が安心して購入できる住宅予算をお伝えします。現在の家計だけではなく、将来の家計予算も盛り込んだ上で試算しますので、現実味の高い購入予算を知ることができます。

 

また、分析結果につきましては、具体的な数値や図表を駆使した資料を作成して、皆さまにお渡ししております。

相談料金についてのご説明

私は、すべての人に家を買った後にお金のことで苦労して欲しくありません。なぜなら、自分自身がかつて住宅購入で「失敗」しているからです。
もう20年以上も前の事ですが、当時の日本ではファイナンシャル・プランナーという職業もまだ一般的ではなく、ましてやファイナンシャル・プランナーに相談するという文化もほとんどない時代でした。

 

当然、中立的な立場の人に相談するなど考えもせず、相談相手は「不動産会社」や「金融機関」などの住宅やローンを販売する側の人達でした。知識もろくになかったあの頃、新聞に入った分譲住宅の折込みチラシを見て現地に物件を見に行き、そのままモデルハウスの一部屋で提示された返済プランを提示され「今の家賃と変わらないな」というだけで購入を決断しました。

 

しかし、購入時に多くの頭金を入れてしまい、さらに子どもが増えたこともあり(我が家は3人の子どもがいます)、ローンの返済負担で家計は苦しくなり、子どもが小さいので妻も思うように働けず貯蓄は減る一方でした。

 

また、住宅ローンもある時期から金利が上がるプランになっていたため、毎月の返済額も数万円上がることになっていました。買った当時の家計であれば大丈夫と思っていた返済額に無理があるのは明らかでした。

 

そこで、会社以外に副業をしたり、車の買い替えや旅行も控え、ひたすらローンを返済する日々が続きました。その後、ある本で住宅ローンや生命保険の見直しの記事を読み、ローンや保険の本を買いあさって自力で住宅ローンを借り換え、保険を見直して家計を立て直しました。また、その後妻も仕事に復帰して家計の収入も増えて、貯蓄がゼロになる寸前で何とか家計を立て直すことができました。

 

当時からファイナンシャル・プランナーという存在を知っていたら、こんなに住宅の事で苦労はしなかったと思います。これが、私がファイナンシャル・プランナーを志した理由の一つでもあります。

 

「お金のことを知らないと損をして苦労する……」。自分自身の体験から感じたことです
私は、皆さんには私のような苦労をしてほしくありません。家を買ってから「やっぱりやめておけばよかった・・・」と悔やんでほしくないのです。

 

冒頭でもお伝えした通り、マイホーム購入は人生で最大の買い物です。
少しでも資金計画を間違うと、将来の生活プランに大きく影響します。

 

しかし、「住宅購入あんしん診断サービス」を活用することで、購入後にお金のことで苦労することなく、現実的な予算であんしんの住宅購入が実現します。

 

この「住宅購入あんしん診断サービス」の料金は、21,600円(税込み)になります。これ以上の追加料金はかかりません。

 

しかも、弊事務所では安心のための「100%満足保証」制度を設けています

 

もし、サービスの価値が料金に見合わなかったら・・・
もし、専門用語を並べ立てられて全然理解できなかったら・・・
もし、親身になってサービスをしてくれなかったら・・・

 

そんな不安をお持ちではありませんか?
FPライフレックスでは、安心して「住宅購入あんしん診断サービス」をご利用いただけるように、自信あるプロの仕事の証として「100%満足保証」制度をつけています。
あなたが「住宅購入あんしん診断サービス」を利用した場合、万一少しでも不快な思いをされたり、サービスの価値が支払った料金に満たないと思われた場合は、ご相談終了後7日以内にご連絡ください。お支払いいただいた料金を全額返金させていただきます。

 

満足保証をつけている理由は、「住宅購入あんしん診断サービス」を、少しでも利用しやすく、皆様に気軽にサービスを利用してほしいからです。

 

住宅購入では、適切な購入予算を知らずに購入したあとで後悔してしまうケースが大変多くなっています。しかし、「住宅購入あんしん診断サービス」を利用すれば、このようなことは避けることができます。

相談のタイミングはいつ?

「住宅購入あんしん診断サービス」を利用するタイミングとしては、「家を買おうと思ったらすぐ」のタイミングがベストです。住宅を買うときは、家を見に行くことよりも、資金計画を先に行い適正な予算を知ることが大切だからです。

 

適正で身の丈に合った購入予算が分かっていれば、住宅選びで悩んだり迷ったりすることなく、皆さんは住宅購入に集中することができます。

 

もし皆さんが「マイホームを持って、将来はこんな生活を実現したい」という夢を持っているのなら、今すぐ下記の電話番号までお電話いただくか、下記の申し込みフォームに記入して送信してください。

 

皆様からのご連絡をお待ちしております。

☆お問い合わせ・相談のお申込みは☆


TEL 050-1469-4551(年末年始を除く9〜21時まで受付)

メール・FAX・メールフォームでのお問い合わせ・相談のお申込みも承っております。

弊事務所は平日・土日・祝日に関わらず、ご相談に対応しております。
ご希望のお客様はお気軽にご連絡ください。